メンタルヘルス対策の最後の手段は転職

IT業界はストレスの大きな職場で、最悪の場合はうつ病などの精神疾患を患うことさえある。
その原因として1番の原因は、開発プロジェクトにおける終わりのない作業である。
大型プロジェクトは作業が終了するまで、数カ月から下手をすれば年単位の時間を要するのだ。
その間、プログラマーやエンジニアは、延々とプログラミングの作業を繰り返しことになる。
しかも、致命的なバグが見つかれば、その作業は白紙に戻ってしまうのでだ。
そんなことを続けていては、心が不調を訴えるのも無理はなく、メンタルヘルス対策の必要性が生じてしまう。
しかし、職場環境が過酷だとそれにも限界があり、そうした時に行う最後の手段が環境を変えることである。

早い話が転職してしまうのだ。
日本のIT業界は、ある程度の年齢に達したプログラマーやエンジニアはいくら技術を磨いても、それが給料や役職に反映されないという弊害がある。
未来が見えない仕事というのは、人を疲弊させてしまうものだ。
ならば、思い切って職を変えてみるのは決して悪い選択肢ではないだろう。
今まで自分を苦しめてきた環境から離れると、ふっと心が軽くなるものだ。

IT業界の経験を生かして転職するならば、社内SEやパソコン教室の講師などの仕事がある。
そして、仕事を探す手段としては、転職サイトを利用するのがいいだろう。
希望を述べて登録すると、それにマッチした求人があった時に連絡があるので非常に便利な存在である。

もし、精神面に不安を抱えたら◇◇メンタルヘルスサポーターズ◇◇を参考にすることで、解決策を見つけることができるだろう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です